【保護者向け】保育園と幼稚園の違いとは?メリデメをご紹介

【保護者向け】保育園と幼稚園の違いとは?メリデメをご紹介

子どもを預ける施設である保育園と幼稚園。子どもを預けたいと思ったときには、それぞれの違いについて知っていなければなりません。特長や違いについて知り、子どもと家庭にぴったりの園を選びましょう。今回は、保育園と幼稚園の違いやメリット・デメリットについてご紹介します。

 

保育園と幼稚園の違いとは

保育園と幼稚園にはいくつかの違いがあります。それぞれの違いについて知ることで、保活がよりしやすくなるでしょう。

 

保育園

保育園は児童福祉法によって設置・運営がされる福祉施設です。目的を就業している保護者に代わって保育を行うところとしています。管轄は厚生労働省です。保育園が対象とする年齢は0歳から小学校入学まで。保育園によって0歳のなかでも受け入れを開始する月齢を定めています。職員は保育士免許を取得していなければなりません。給食は保育園にて毎日提供。行事によって特別なメニューに変わることもあります。保育園を利用するためには、保育料の支払いが必要です。家庭の収入状況などにより、自治体が家庭ごとに保育料を定めています。保育園の運営は暦通りです。長期休暇はありません。

 

幼稚園

幼稚園は学校教育法によって設置・運営がされる教育施設です。目的を小学校入学前の学習を提供するところとしています。管轄は文部科学省です。幼稚園が対象とする年齢は3歳から小学校入学まで。幼稚園によっては、入園前に環境に慣れるプレ幼稚園を運営していることもあります。プレ幼稚園は、親子での参加と子どもだけでの参加に分けられます。職員は幼稚園教諭免許を取得していなければなりません。給食は、園の任意です。給食のみを提供する幼稚園もあれば、お弁当の持参と組み合わせている幼稚園もあります。幼稚園の費用は、私立幼稚園で園ごとに公立幼稚園では市区町村ごとに金額が定められています。入園料の支払いも必要です。幼稚園の運営は学校と同じく、夏休みや冬休みなどの長期休暇があります。

 

保育園と幼稚園のメリット・デメリット

受け入れの年齢や費用、長期休暇などに違いがあることをご紹介しました。つぎに、保育園と幼稚園のメリットとデメリットについてチェックしてみましょう。

 

保育園

保育園のメリットは、保育時間が長いところです。標準保育時間を8時間と定めているため、仕事に合わせた預かりをお願いすることができます。さらに、就業する保護者に代わる施設であるため、長期休暇もありません。保育園が休みだから仕事を休まなければならない、ということはなかなか無いでしょう。0歳児から預けることで、早く職場復帰することもできます。保育園のデメリットは、入園の競争率が高いところです。共働き家庭が増えたことにより、保育園の需要は急増。住んでいる地域によっては、待機児童問題が深刻であることもあります。家庭の点数や空きのある保育園など、さまざまな情報収集を行いましょう。

 

幼稚園

幼稚園のメリットは、小学校に向けて集団行動に親しめるところです。教育施設であるため、勉強面だけでなく規律も身に着けることができます。長期休暇があることで、家庭と幼稚園生活のメリハリをつけられるところも魅力です。幼稚園のデメリットは、費用が高くなるところです。入園料が必要なだけでなく、行事費や送迎費など園によってさまざまな費用がかかります。家庭によっては、家計の圧迫を感じてしまうかもしれません。また、幼稚園は家庭の協力を強く必要とします。保護者参加の行事や手作りの通園グッズなど、思わぬところで時間が必要になることも。幼稚園選びのときには、各園のルールを必ず確認しましょう。

 

保育園と幼稚園、どちらをえらぶべき?

いくつかの項目から、保育園と幼稚園のどちらが向いているのかご紹介します。保活の参考にしてみてください。

 

子どもの年齢

保育園では0歳児から受け入れ可能であることに対し、幼稚園では3歳からと定められています。できるだけ早く職場復帰をしたいときには、保育園がおすすめです。早く預けたいけれど幼稚園が魅力的、という場合には年齢に合わせて幼稚園に転園するという選択肢もあります。まずは保育園に入園し、後々のことは時間をかけて考えるという家庭も多いです。

 

家庭の働き方

夫婦共働きである場合、保育園の利用が現実的でしょう。とはいえ、幼稚園に入園できないわけではありません。こども園を併設している幼稚園では延長保育を行っています。また、親族による送迎も可能です。夫婦共働きでは働き方で選択肢が狭まることはないでしょう。専業主婦(夫)である場合、保育の必要性を認めてもらえないため認可保育園の利用は難しいです。認可外保育園か幼稚園が選択肢になります。

 

費用

費用も気になるところでしょう。保育園、幼稚園ともに幼児教育・保育の無償化制度を活用することができます。認可保育園は保育料が無料、認可外保育園と幼稚園は定められた金額のなかで無料になる制度です。3歳児からの適用となるため、0歳児から2歳児までの保育料を計算してみましょう。年少のうちは認可保育園や家庭で過ごし、無償化制度に合わせて認可外保育園や幼稚園を活用する家庭も多いです。

 

まとめ

保育園と幼稚園の違いについてご紹介しました。札幌市内で保育園を5つ運営している中和興産株式会社では、現在園児を募集中です。見学や入園のご相談をお待ちしております。

 

中和興産株式会社の運営保育園一覧

https://chuwakosan.com/uneihoiku/

お問い合わせ

https://chuwakosan.com/contact/

SNS

instagramaロゴ
YouTubeバナー
TikTokバナー
PAGE TOP